スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
好奇心を駆り立てる「読書」
 
僕にとって読書とは、
好奇心を満たし、さらなる好奇心を呼び起こしてくれる素晴らしい行為です。

例えば、
僕は一時期「睡眠」についてとても、熱心に勉強していた時期がありましたw
睡眠に興味を持ったのも、ある一冊の本の、たった1行の言葉から。

「ナポレオンは3時間しか眠らなかった。」

そのころ、睡眠が僕の生活の軸となっていて、
1日8時間以上は確実に寝ていたし、
3時間しか寝ないなどということは、考えられなかったんです。

ほんとに、そんなことができるのかと!?

そこから興味が湧いて、「睡眠」に関しての本を何冊か読んでみたところ、
人間の脳の構造から、3時間睡眠は可能であることがわかったんですw

しかし、疑問が解決したので、ここで完結すれば良かったんですが、

今度は「脳の構造」という単語にちょっと興味をもってしまい、
茂木さんの本を読み漁ることになったり、
心理学まで手を出したりしてしまいました(>_<)

今もそういった関係の本を読んだりしているんですが、
そんな風に、僕の読書は、芋づる方式にどんどん好奇心がつながっていってしまうんですx

「読書」をやめられないのは、困ったことですが、
僕に読書がなければ、何事にも興味がわかない人生になっていたかもしれませんx


好奇心が、好奇心を呼ぶ「読書」w

人生を楽しむためには、必要なものだと僕は感じています。
| かっつ | 読書について | 20:58 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:58 | - | - | -
えー、いきなりすみません。
読書についての考えからリンクしてきました。

私もちょっと違いますが、読書は芋づる方式です。
文庫に挟まってた紙とか、同じ作者からどんどん。
アマゾンで検索をかけた時にたまたま一緒に表示されたもので興味を引いたものとか。
ようするに行き当たりばったりですね、私の場合。笑

こんな古い記事のコメ、気付いてもらえるかもわかりませんが、もし気付いたら、そして暇だったら私のブログ(URL)も覗いて見て下さい。コメを読んでもらえたと知るだけでも、嬉しいですから。
| くみ | 2010/06/19 6:21 AM |









トラックバック機能は終了しました。